マッピングウォーキングのすすめ

目次

はじめに

「マッピングウォーキング」とは、ウォーキングの軌跡をすべて地図上で「見える化」するという新しいスタイルのウォーキングです。早速ですが次に示す、東京の銀座付近をマッピングウォーキングした地図を見てください。

マッピングウォーキングの例

赤い線が実際に歩いた軌跡です。この地図を見ていると、まだ赤い線のない、(A)の領域を歩いてみたり、空白地帯(B)にある道を歩いて、赤い線のあるエリアを増やしてみたくなりませんか?

このように、歩いたことのない道を歩こうという意欲を駆り立てることで、ウォーキングをより楽しく意義深いものにするのがマッピングウォーキングです。ここでは、まずマッピングウォーキングの魅力について紹介していきます。

マッピングウォーキングの魅力

マッピングウォーキングは、歩いた軌跡を「見える化」することで、これまで通ったことのない道を歩いてみたい意欲を駆り立てます。

このことにより次の3つの喜びが生まれます。

発見の喜び

今まで通ったことのない道を歩くと色々な発見があります。
商店街の中の面白い雑貨店や、住宅街の中の隠れ家的なレストラン見つけたります。

また、よく知った2つの場所が実は歩いていける距離であることや
歴史上有名な場所が身近にあることに気づいたりすることもあります。

このような色々な発見は日々の生活を新鮮なものにします。

達成の喜び

ウォーキングの軌跡を地図上で「見える化」しますので、歩き終わったときに加えて、地図上で軌跡を確認する際も達成感が得られ、ウォーキングの楽しみをより引き出すことができます。

また、これまで行ったことのない遠くまで歩いたときはもちろんですが、近距離であっても新たな道を開拓した場合は新たな軌跡として視覚化され達成感が得られます。
つまり、距離や時間だけでない新しい達成感を加えることで、ウォーキングの楽しみ方を広げることができます。

計画の喜び

効率的に新たな軌跡を増やすためには、事前の計画が重要です。軌跡を刻んだ地図を見ながら、次にどこをウォーキングするかを考えるわけですが、このプロセスがウォーキング以上に楽しいときもあります。

遠くまで行こうとすると、行きはウォーキングでも、帰りは電車やバスを活用することが不可欠になるわけですが、そうした場合に目的地の駅をどこにするかを考えたりするのもその一例です。

Posted by lifestyle